知らないでは済まないキャッシングの金利について

キャッシングを利用する前には、キャッシングの金利を把握しておきましょう。
金利はWEBサイトに必ず記載しているので、利息の計算もしておくといいです。
キャッシングで失敗しないためには、利息を把握しておくことが大切です。
大手銀行のローンの場合、利用額に応じた金利設定をしているところがあるので、こうした銀行は利息計算がしやすいでしょう。
利用額別の金利表示がない場合は、最高金利での借入になると考えておくのが無難です。
金利は即日借りれる審査を経て決定されるので、審査を受ける前の段階ではわかりません。
そのため最高金利になると予測しておいたほうがいいのです。
最低3%といったキャッシングの金利表記を見かけますが、ほとんどの方は3%では借入できません。
10%を下回れば相当に低金利であり、通常は低くても15%くらいになるものです。
銀行と消費者金融を比べると、銀行のほうが低いです。

キャッシングの金利は、法的に最高20.0%と決められており、それを超えた金利になることは絶対にありません。
10万円~100万円未満の借入だと、最高18.0%となります。
キャッシング利用者のほとんどはこの範囲内での借入となるため、18.0%以下が設定されるはずです。
100万円以上を借りると15.0%以下になりますが、金利を下げる目的で高額を借りるのは避けましょう。
借入額が増えると確かに金利は下がりますが、逆に利息は増えてしまうのです。
借入額と利息が比例することも覚えておきましょう。